【DbD】発電機を修理するときに考えるべきこと

敵の位置を意識しながら修理しよう

発電機は障害物がない限り4方向から修理することができます。常にキラーの居場所を意識して周囲を見渡しながら修理しましょう。

このようにキラーからは見えないようなポジションで修理するのが望ましいです。

キラーが来たらどこに逃げるかを考えておく

発電機の修理中に周りの地形を見渡して、キラーが来た場合に備えて逃げ道のルートを確保しておきましょう。

「こっちから来たらこう逃げる」こんな感じで常に逃げ道を意識しておくと突然キラーが現れた時に慌てることなくスムーズに逃げることが出来ます。

修理に取り掛かる前に軽く周囲の地形(窓やパレットなど)を把握しておくといいと思います。

蹴られた発電機を放置しない

キラーに修理が進んでいる発電機を蹴られると、少しずつ修理ゲージが減っていき最終的には修理ゲージが0になります。

一度蹴られた発電機からはパチパチと火花が散るようになり、修理ゲージがどんどん減っていきます。一瞬でも修理するとゲージが減らなくなるので、火花が散っている発電機を見つけたら少しでも修理するようにしましょう。

スキルチェックはグッドを狙おう

発電機を修理する際のスキルチェックはグレートは狙わずに安定してグッドを狙いにいくのが得策です。

素手で発電機を修理完了するまでの時間

・全てグッドで修理したら80秒で修理が完了する
・1回グレートを出すと2秒短縮できる
・1回スキルチェックに失敗(爆発)すると約10秒修理が遅れる

これを見るとリスクを冒してまでグレートを狙いにいく必要が全くないことが分かりますよね。4回グレートを出しても一度爆発させてしまったらグッドだけで修理した方が早くなってしまいます。爆発させると修理が遅れるだけでなくキラーが来る可能性も非常に高いので、必然的に発電機から離れてしまうことになり、複数人で修理してた場合には誰かがキラーに追われるハメになるかも知れません。チームに対する貢献度を考えたらグッドを狙って安定させるのが最善でしょう。

工具箱を使って修理しよう

一番レア度の低いボロボロの工具箱でも約10秒修理を早めることが出来ます。積極的に使っていきましょう。

詳しいことはこちらの記事を見てください。

【DbD】工具箱の修理速度を調べてみた!

2018年8月3日

スキルチェックの練習をしよう

有志の方が作ったスキルチェックシミュレーターでスキルチェックの練習ができます。

Skill Check Simulator – Mistersyms

Dead by Daylight スキルチェックシミュレーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA