【DbD】グラフィック設定は『低設定』がおすすめ!

Dead by Daylightは全体的に視界がとても悪いゲームです。とにかく見づらい、暗いシーンが多い。

暗さに関しては、PC側の設定でガンマ値を上げてあげるとかなり見やすくなるので別に問題ありません。

でもさらに快適にゲームをプレイするためにはグラフィック設定を下げる必要があります。

今回は画質設定による変化を比較してみました。

ウルトラ設定と低設定の比較

ウルトラ設定

低設定

ウルトラ設定

低設定

低設定だと一部の草むらが消えてるのが分かると思います。ウルトラ設定では表示されていた余計なオブジェクトが低設定では一部省略されるので、視認性がよくなります。

DbDはダウンしてる生存者が非常に見づらいので、キラーでプレイする際に特に有効的です。

画質に関してはほとんど変化がないので、特別な理由が無い限りグラフィック設定は『低設定』にするのをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA