【DbD】キラーの強さランキング 考察と対策

最新パッチ2.3.3のDead by Daylight(デッドバイデイライト・DbD)の全キラーを個人的な考察でランキングにしてみました。

このランキングは「サバイバーを全滅させやすいキラー」という点を総合的な評価基準としてランク付けしました。

今回のランキングにはあまり関係ありませんが、「チェイス性能、索敵、隠密性、発電機阻害、救助阻害」の5つの観点で評価した表もキラーごとに作ったので参考にどうぞ。

チェイス   サバイバーを追跡する能力
索敵     サバイバーを発見する能力
隠密性    サバイバーに認知されずに接近できる能力
発電阻害   発電機の修理にプレッシャーを与える&遅延させる能力
救助阻害   吊られたサバイバの救助を阻害する能力

なお、当ランキングの順位は筆者の独断と偏見で決めたものなので、あくまで参考程度にしてください。

【Dead by Daylight】強パークの考察 キラー編

2018年9月30日

【DbD】ランク1によるサバイバーのチェイスのコツ10選

2018年8月7日

第13位 カニバル(ババ・ソーヤー)

チェイス B
索敵 B
隠密性  C+
発電阻害 B
救助阻害 B+(地下吊りはSSSSSSS
総合評価 B

解説

第13位は狡猾な男、カニバルです。

範囲攻撃で当たれば一撃のチェーンソーがカニバルの特徴です。遭遇する場所が悪いと為す術なくすぐに捕まってしまいますが、障害物が多い場所では上手いサバイバー相手にチェーンソーで攻撃できる場面があまりないので、完全にヒルビリーの下位互換と言えます。

さらに巷では、バベチリさんやバベチリ引き換え券とも呼ばれてる非常に可哀想なキラーです。本体は弱いのにバベチリという固有パークが優秀すぎるために、上位プレイヤーのバベチリさんカニベルの所持率はかなり高いという…。

デッドバイデイライトにおいて強いキラーというのは機動力が高い傾向にあるのですが、カニバルは移動速度は標準的でチェイスに特化したスキルもないので、現環境では強いキラーとは言えないでしょう。

また、カニバルは一撃+範囲攻撃という特性のために、どうしてもキャンプ寄りの立ち回りになるプレイヤーが多い印象を受けます。そうなると最終的に1,2人は処刑できても4人全滅させるのは難しいです。このようなプレイスタイルのカニバル使いが多いのも相まって、カニバルは弱いというイメージが定着してしまっているのではないでしょうか。(実際強くはないけど)

12位のクラウンとかなり迷いましたが、最終的にチェイス面でカニバルの方が劣ると判断したので最下位にしましたが、正直強さで言えば同格だと思います。

第12位 クラウン

チェイス  A+
索敵 B
隠密性 C
発電阻害  B+
救助阻害  B+
総合評価 B

解説

第12位はDbD界のペニーワイズ、クラウンです。

移動速度低下&視界不良のデバフを付与する薬瓶でサバイバーのチェイス通路を封鎖できるというのがクラウンの特徴です。

他のキラー相手なら障害物の周りをグルグルして時間を稼ぐというのがチェイスの基本戦法ですが、対クラウンだと少し立ち回りを変える必要があるので、対策方法が分かってないとすぐに捕まってしまいます。が、ある程度キャラの特性を理解すれば、クラウンの対策は特別難しくはありません

クラウンの《赤毛の小指》は強力なアドオンですが、これなら同じ投擲系キラーのハントレスを使ったほうがいいでしょう。

クラウンの対策としては、クラウンの動きをよく見て薬瓶を投げてくる位置を予測する、板や窓の周辺に薬瓶を投げられたらそのポジションでのチェイスは諦めてさっさと他の場所に向かいましょう。

第11位 ナイトメア(フレディ・クルーガー)

チェイス  B+
索敵  A+
隠密性 A
発電阻害 A
救助阻害 C
総合評価  B+

解説

第11位はエルム街の悪夢からやってきた夢男、ナイトメアことフレディです。

透明で姿が見えない上に能力も分かりにくいため、初心者が最も苦手とするキラーという印象です。

ナイトメアはサバイバーを睡眠状態(アドオン無しだと夢にいれるまでに7秒かかる)にしないと攻撃できないので、どうしてもチェイス時間が長くなってしまうのが最大の弱点であり、特にゲート通電後のフレディは全キラー中最弱です。

睡眠状態のサバイバーは位置が常に見えるので追跡性能は非常に高いですが、チェイスに特化したスキルが皆無で、板グルなどに対処出来ないので現状では弱い部類に入ると思います。また、フック吊りしてもその性質上キャンプが出来ないというのも、フレディが弱いと言われてる理由の一つでしょう。

しかし、型にハマればそこそこ戦える強いキラーでもあります。試合中盤頃までに一人でもサバイバーを処刑できれば、ナイトメアの一方的な展開になることも少なくありません。
試合中盤以降、夢から覚めるための手段でもある発電機と生存者の数が少なくなってくると、サバイバーはかなり厳しい戦いを強いられるので、ナイトメアは長期戦が得意なキラーだと思います。

ちなみに、《クラス写真》(誰かをまどろみ状態にさせてる間は他の全てのサバイバーの位置が見えるようになる)は非常に強力なアドオンです。

おそらく次回のアップデートでナイトメアが強化されるみたいです。夢に入れるまでの時間が7秒から4秒になって3秒短縮されるとのこと。この強化が来たらナイトメアは中堅クラスの強さぐらいにはなるんじゃないかな?

能力が非常に分かりにくいので一応記述しておきますね。

フレディはドリームワールド(夢の世界)にいるサバイバーにのみ視認され、攻撃ができます。サバイバーを夢に引きずり込むには、射程10mドリームデーモンという能力を使ってる時に、サバイバーを画面中央に合わせることで自動的にドリームトランジション(まどろみ)状態になり、サバイバーは7秒後に夢の世界に入ります。
まどろみ状態のサバイバーには、約1.5秒おきにフレディが見え隠れしフレディとの距離は関係なく鼻唄は時間経過と共に大きくなりますが、この時フレディは攻撃できません。まどろみ状態の効果が切れると、サバイバーを夢に引きずり込むことができ、初めて攻撃できるようになります。
夢の世界にいるサバイバーは以下の効果を受けます。
・心音範囲外(24m)にいる睡眠状態のサバイバーは、フレディに常に自分のオーラが表示される
・睡眠状態のサバイバーはフレディを目視でき、心音も聞こえるようになる
・フレディ同様、マップに霧がかかって視界が悪くなる
・サバイバーはあらゆる作業速度が50%低下する夢の世界から目覚めるための方法
・睡眠状態ではないサバイバーに覚醒アクションをしてもらう
・スキルチェックに失敗する&フックに吊るされる
・瀕死状態から負傷状態へ回復する
・パーク:アドレナリンが発動する

第10位 ピッグ(アマンダ・ヤング)

チェイス B
索敵 B
隠密性  A+
発電阻害 S
救助阻害 B
総合評価  B+

解説

第10位は映画ソウシリーズからやってきた最強(?)の刺客、ピッグです。

遅延性能が高く、捕まったら罠を取り付けられるので面倒くさいキラーですが、キラーにとって重要なチェイススキルは特に無いので弱い部類に入ると判断してこの順位にしました。

奇襲攻撃は、視界が悪くなる上に発動時に大きな音が鳴るので避けられることが多いので微妙なスキルです。奇襲後はしばらく硬直時間があり、失敗したらサバイバーに距離を取られてしまうので、安易に奇襲攻撃をするのは控えたほうが無難だと思います。

ピッグは瀕死状態にさせたサバイバーに逆トラバサミと呼ばれる装置を取り付けることができます。この装置には様々なルールがあるので一応記述しておきます。

・装置は制限時間(2分30秒)が経過すると取り付けられたサバイバーは即死する
・取り付けられただけでは装置のタイマーはスタートしない
・仲間が発電機を1つでも修理完了したらタイマーがスタートする
・装置を取り外すには、マップ上のランダムな箇所に設置されているジグソウボックスでスキルチェックを成功させて解除するしかない
・ジグソウボックスには当たり外れがあり、当たりはマップ上に1箇所だけ
・装置を付けたままゲートから脱出することはできない(ハッチから脱出することは可能)

第9位 トラッパー

チェイス  B+
索敵 A
隠密性 B
発電阻害  B+
救助阻害 A
総合評価 A

解説

第9位はデッドバイデイライトの広報担当、トラッパーです。

トラッパーはウルレアのアドオン無しだとあまり強いキラーではないので、順位を決めるのにかなり悩みました。

虹色の石》(閉じたランダムなトラバサミが20秒おきに設置状態になる)と、《血まみれのコイル》(トラバサミを解除すると負傷状態になってしまう)などを付けると、とても強いキラーに化けますが、アドオン込みで評価されてるキラーだと思うので、これくらいの順位が妥当かなと思います。

ある程度のランクまではウルレアアドオンなしのトラッパーでもそこそこ戦えますが、赤帯ぐらいになってくると初動が遅く、結果的に最初の1人を捕まえるまでに時間がかかってしまうトラッパーは強いキラーだとは言えません。

第8位 シェイプ(マイケル・マイヤーズ)

Lv1
チェイス C
索敵 A
隠密性 S
発電阻害 B
救助阻害 B
Lv2
チェイス B
索敵  B+
隠密性 A
発電阻害 B
救助阻害 B
Lv3
チェイス SS
索敵  B+
隠密性 B
発電阻害  A+
救助阻害 S
総合評価 A

解説

第8位は人気No.1キラー、シェイプことマイケルです。

マイケルはサバイバーを凝視することによって内なる邪悪のスタックを溜めることができます。これにより段階的に強くなっていく変則的なタイプのキラーです。また、内なる邪悪の性質的に生存者側からしたら味方依存度の高いキラーでもあります。

マイケルはとにかく初動が肝心です。内なる邪悪のスタックを溜めなければ弱いキラーなので、早い段階で1人吊れないと厳しい試合展開になるケースが多いです。1人吊れさえすれば他のサバイバーが救助に来るので、内なる邪悪のスタックを溜めやすくなります。

内なる邪悪のスタックをギリギリで止めておけば、救助に来たサバイバーも巻き添えでダウンさせたりすることもできるのはマイケルの強みですが、常時ワンパン持ちのヒルビリーと比較するとやはりスタック3でようやくワンパンのマイケルは霞んでしまいますね…。

しかし、内なる邪悪Lv3の性能はとてつもなく高い上に貴重な一撃持ちのキラーです。総合的に見てマイケルは今のところ中堅的な立ち位置のキラーだと思ったのでこの順位にしました。

いい香りがする髪の毛の束》(内なる邪悪Lv3の持続時間が無限になる)と、内なる邪悪がLv3のとき、《ジュディスの墓石》(サバイバーを無傷状態でも直接殺害できるようになる)というアドオンのコンビはとても強力ですが、スタックを溜めるまでにかなり時間がかかるので、ギデオン食肉工場などの狭くて索敵しやすいマップを指定して使わないと難しいです。しかも、サバイバーは捕まる直前にロッカーに入ってしまえば直接殺害されることはなくなるので対策が簡単です。

以下簡単な能力説明です。

内なる邪悪Lv1の時の心音範囲は、一般的なキラーが32mなのに対してマイケルは6mと非常に狭いので隠密性に長けています。移動速度が遅い、血の渇望が溜まらない、通常攻撃のリーチが短いなどの理由からチェイスは苦手としていますが、Lv2から移動速度が一般的なキラーと同じになり、血の渇望も溜まるようになります。
Lv3になるとLv2の性能に加えて窓枠を飛び越える速度の高速化、通常攻撃のリーチは一般的なキラーよりも長くなり、一撃でサバイバーをダウンさせられるようになるという凶悪な性能を持っています。

第7位 ハントレス

チェイス S
索敵 B
隠密性 C
発電阻害 A
救助阻害  A+
総合評価  A+

解説

第7位は不気味な鼻歌が特徴的なキラー、ハントレスです。

デッドバイデイライトで唯一ダメージが通る投擲武器を持つキラーです。ハントレスは遠距離からでも攻撃できるので極めれば非常に強いキラーですが、完璧に使いこなすのは下手したらナースより難しいかもしれません。

ポテンシャルは間違いなく高いキラーですが、その操作難易度と基本性能の低さから総合的に判断してこの順位にしました。

他のキラーと比べて移動速度が遅く、心音範囲より鼻唄が聞こえる範囲の方が広いので、斧投げを上手く当てることができないなら全滅させるのは難しいでしょう。

ハントレスとのチェイスは他のキラーと違って特殊なので慣れてないと難しいです。
対ハントレスの対策としては、ハントレスの動きをよく見て斧投げに当たらないように左右に動く、板倒しや窓枠の飛び越えは斧投げの格好の餌食となるので安易に倒したり飛び越えたりしない、などがあります。

ハントレスの所持できる斧が4本減る代わりに斧投げが一撃で瀕死状態になる《玉虫色の刃》と所持できる斧が2本増える《歩兵のベルト》を併用するともれなく最強キラーになります。

第6位 ドクター

チェイス  B+
索敵 SS
隠密性 C
発電阻害 SS
救助阻害 B
総合評価  A+

解説

第6位は索敵と発電阻害が得意なキラー、ドクターです。

ドクターは索敵と発電阻害に特化してるキラーです。デッドバイデイライトのキラーにとって重要な索敵、発電遅延、チェイス能力を兼ね備えているので安定して強いキラーです。上手く電流を当てれば板グルを拒否できるのもドクターならではの強みです。

対策としては、隠密行動寄りのプレイはしないことや、ドクター相手に残りの発電機の場所を固めてしまうとかなり厄介なことになるので、特に対ドクターでは発電機の修理順番を意識すること、などです。

ドクターも能力が分かりにくいので説明を書いておきます。

ドクターには処罰モード治療モードという2つのモードがあります。処罰モードは通常攻撃ができる普通の状態です。
治療モードは攻撃と担ぎができず、血の渇望も溜まりません。その代わりに、心音範囲内の生存者を徐々に狂気状態にさせることができます。ゲーム開始時は通常状態からスタートしますが、心音範囲内にいることで狂気レベルが1、2、3と段階的に上がっていき、レベルが上がるごとにサバイバーは叫び声を上げます。狂気ゲージは画面の右の中央で確認できます。狂気レベルに応じて様々な行動阻害効果が起こります。
レベル1では、スキルチェックの位置が変速的になります。
レベル2では、定期的にサバイバーの近くにドクターの幻影が出現するようになります。
レベル3まで上がると、サバイバーは発電機の修理ができなくなり、一定時間ごとに叫び声を上げるようになります。狂気レベルを下げるにはその場で正気を取り戻す必要があり、少し難しめのスキルチェックを連続で成功させ続けなければなりません。ただし一度上がった狂気レベルは2以下には下がりません
また、治療モード中は電流を前方に放つことができます。サバイバーはこの電流にあたると狂気ゲージが一気に増え、2.5秒間板や窓枠を飛び越えるなどの行為ができなくなり、さらに叫び声を上げるので索敵にもチェイスにも使えるとても強力なスキルです。

第5位 レイス

チェイス A
索敵 S
隠密性 SS
発電阻害  B+
救助阻害  A+
総合評価  A+

解説

第5位は移動速度アップが強力なキラー、レイスです。

ナイトメアのように完全にとはいきませんが、珍しい透明スキルを持つキラーです。レイスは透明状態になると心音が聞こえなくなるので、サバイバーの索敵が比較的簡単なキラーです。レイスは低ランク帯では透明化に対応できるサバイバーが少ないためにとても強いので、初心者にもおすすめなキラーです。

つい最近まで弱い弱いと言われていたキラーですが、最近のアップデートで大幅に強化されました。元々アドオンの効果であった透明化解除後の一時的な移動速度上昇が標準搭載になり、弱点だったチェイス性能が強化されました。

高速移動・透明化・チェイスに強いスキルがある・強力なアドオンが増えた という部分を考慮すると、現環境の徒歩キラーの中では頭一つ抜けてる存在だと思うのでこの順位にしました。

まさかあのレイスが日の目を浴びる日がくるとは…😭

第4位 ハグ

チェイス  B+
索敵 A
隠密性 A
発電阻害 A
救助阻害 SS
総合評価 S

解説

第4位はアップデートでかなり強化されて最底辺から一気に大躍進したキラー、ハグです。

ハグババアは罠を仕掛ける場所さえ考えれば誰が使っても強力なキラーなので、初心者プレイヤーにもおすすめです。

ハグの罠は強いポジション潰しにも使えますし、もちろん板グルもさせません。罠が発動するとほぼ確実に1発殴れる上に、アップデート後から罠を設置する時間が短縮&発動距離が増加したので機動力がかなり高まった印象です。総合的に見て扱いやすさ、機動力の高さ、追跡性能の高さを評価して4位にしました。

罠を設置するので初動は遅いですが、うまいこと罠を発動させれば一回殴ってからダウンさせるまでが早いキラーなので特にデメリットにはならないでしょう。最初はサバイバーを発見しても追わずにしっかり罠を設置してから行動することで有利な試合展開を作ることができます。

また、ハグはフック吊りからの救助が非常に困難なキラーですが、特に地下吊りの救助難易度は間違いなくNo.1です。(狡猾カニバルは除く)

対策としては、ハグの罠はしゃがみ移動には発動しないのでしゃがみ移動が速くなる《都会の逃走術》や、味方が担がれてる間になるべくたくさんの罠を発動させて潰しておくこと、などです。また、ハグの罠はライトを当てることで消滅するということも覚えておくと良いと思います。救助は基本的にしゃがみ移動でいきましょう。救助後もしゃがみ状態のままフック周辺からいち早く離れることが重要です。

ほとんどのキラーの心音範囲が32メートルという中でハグの心音範囲は24メートルと少し狭くなっているので、《観察&虐待》(チェイス中は心音範囲が8メートル増加、通常時は心音範囲が8メートル減少する)との相性は抜群です。

第3位 スピリット(山岡凛)

チェイス  S+
索敵 A
隠密性  A+
発電阻害 S
救助阻害  A+
総合評価 S

第3位は超新星キラー、山岡凛ちゃんことスピリットです。

スピリットは透明化+高速移動のフェイズウォークが特徴的なDbD初の日本人キラーです。

最近登場した新キラーですが、PW(フェイズウォーク)がとにかく強力です。スピリットがPWに入るとサバイバー側は位置の予測ができなくなりますが、スピリット自身はサバイバーの呻き声や足跡、窓枠の飛び越え音などによっておおよその位置が一方的に予測できてしまいます

また、フック吊り後の動きもナースやヒルビリーと同じように、一度その場を離れてもすぐに戻ることが出来るので安全に救助するのが非常に難しいキラーです。

まだ登場から間もない新キラーということでサバイバーも対応し切れてない印象を受けますが、サバイバーからしたらPW中のスピリットとの駆け引きはかなり運要素が高いチェイスを強いられてしまうことになり、実際スピリットの対策は非常に難しく、赤帯のサバイバーでも対スピリットのチェイスはかなり苦戦しているのが現状です。

対策としては、板グルグルは極力避けて次々と他の場所に移っていく立ち回りをする、鋼の意志でPW中に位置を特定されにくくする、などです。

板周辺でのチェイスを拒否できるナースと高速移動により奇襲ができるヒルビリーのいいとこ取りをしてるのでバランスが良く、現環境では間違いなく強いキラーだと思います。

第2位 ヒルビリー

チェイス S
索敵 A
隠密性 C
発電阻害  A+
救助阻害 S
総合評価 SS

解説

第2位は赤帯で最も使用率の高いキラー、ヒルビリーです。

ヒルビリーは高速移動のチェーンソーダッシュに加えて一撃持ちです。遠くに離れていても一気に距離を詰めることが出来るため、全キラー中トップクラスの機動性を誇ります。

機動力の高さと殺傷能力の高さを考慮すると、徒歩勢最強キラーはヒルビリーということで異論の余地はないと思います。

チェーンソーダッシュは少しクセがあるので使いこなすには少しコツが必要ですが、慣れてしまえばアドオン無しでも普通に強いのでヒルビリーには欠点がありません😅

言うまでもなくヒルビリーはバーベキュー&チリとの相性が最強&凶悪ですね。

ヒルビリーは屋内マップなどの障害物が入り組んだ場所だと少し使い勝手が悪いですが、それ以外に欠点は見当たりません。ヒルビリーが敵だと試合開始早々に交通事故が起こるのをよく見かけます😂

ヒルビリーは現状紛れもなくトップクラスの強キラーです。

第1位 ナース

チェイス SS
索敵 A
隠密性 C
発電阻害 S
救助阻害 SS
総合評価 SSS

解説

第1位は最強のチェイサー、ナースです。

ナースはパレットや障害物を無視できるブリンクが特徴的なキラーです。ヒルビリーとの違いは遮蔽物を苦とするか、しないかですね。

他の徒歩キラー達が不憫にさえ思えてくるほど高性能な能力を持つ最強キラーです。

このブリンクによるサバイバーの追跡能力がずば抜けて高く、さらにアドオンを付けることで最大5回までの連続ブリンクが可能になるというぶっ壊れ性能っぷりです。ヒルビリー同様、バベチリとの組み合わせが非常に強く、ナースを最強たらしめてる所以でもあります。

本当に幽霊のようにどこまでも追跡してくるので、いくらチェイスが上手いサバイバーでも上手いナースから逃げ切るのは不可能に近いでしょう。

ただし、その代わりにナースのブリンクは距離感を掴むのがかなり難しいので操作難易度が非常に高いです。使い慣れてないプレイヤーが使うとゲーム内最弱のキラーとなり得るかなりクセの強いキラーなので相当練習が必要なキラーだと思います。

対策としては、ブリンクが発動すると同時にナース特有の叫び声が聞こえるので、その瞬間に逆方向に方向転換すると攻撃を避けれる、かも。ブリンク後のナースの視界は2,3秒の間はほとんど地面しか見えなくなるので、その隙を狙って物陰に隠れるか、壁が多い入り組んだ場所ではブリンクが使いにくいのでそういった場所に逃げるのも対ナースには強い立ち回りになるでしょう。《都会の逃走術》や《鋼の意志》などのパークも有効的ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々なブログのキラーランキングを見てもTOP2は大体ナースとヒルビリーですよね。個人的にはそろそろ調整がきて最強キラーの座が入れ替わるのを期待してるんですが…。

上位と下位は順位を付けやすかったのですが、中間あたりの順位付けには非常に頭を悩まされましたXD
正直マイケル、トラッパーとかクラウン、カニバル辺りはもう同じくらいの強さだと思います。

運営さんナスビリーの弱体お願いします!(懇願)

 

【DbD】PTBに新キラーが登場!レイスの大型強化も!【アップデート内容の和訳】

2018年8月29日

【DbD】面白いプレイ動画集【デッドバイデイライト】

2018年8月9日

【DbD】キラーに通知がいく行為のまとめ

2018年8月7日