【DbD】初心者必見!サバイバーのおすすめ定番パーク16選

パーク選びは慎重に

DbDを始めたばかりの初心者プレイヤーからしたら、サバイバーのパークはどれを付ければいいのか分かりにくいですよね。

パークひとつ違うだけでプレイの幅がかなり広がるので、パーク選びは慎重に行ってほしいところです。

そんなわけで、今回はサバイバーのおすすめ定番パークを紹介していきます。

セルフケア

セルフケア
(Self Care)
[クローデット・モレル]

言わずもがな誰もが持つべき超定番の必須パーク。これがないと色々と不利になるので、特殊なパーク構成にしない限りは必ず持つようにしよう。

全力疾走

全力疾走
(Sprint Burst)
[メグ・トーマス]

少し前のアップデートで走ってる間はクールタイムが減らなくなったせいで前ほどの強さはなくなったパークだが、未だに持ってる人は多い。

自分が隠れてるときにキラーが近づいてきてバレても一気に距離を離せるので、隠密行動派の人からしたらありがたいパークでもある。

しなやか

しなやか
(Lithe)
[フェン・ミン]

飛び越え動作を行うだけで効果が発動する上に使い勝手がいいので、初心者から上級者まで幅広く使えるパーク。

スマートな着地

スマートな着地
(Balanced Landing)
[ネア・カールソン]

全力疾走の代わりとして、しなやかと並んでよく使われるパーク。しなやかよりは若干使いどころが難しいので、初心者はしなやかの方がオススメ。

都会の逃走術

都会の逃走術
(Urban Evasion)
[ネア・カールソン]

隠密行動するなら絶対持つべき超オススメパーク。潜伏性がかなり高まる。

逆境魂

逆境魂
(Resilience)
[共通]

セルフケアとの相性がとてもいい。負傷時にわざとMAXまで治療せずにミリで止めておくことで、様々な作業効率を上げることができる。やばくなったら一瞬だけ治療して逃げればいい。

飛び越え動作も速くなるのでチェイスするときにも活躍する万能なパーク。

与えられた猶予

与えられた猶予
(Borrowed Time)
[ビル・オーバー]

通称ボロタイ。土壇場で形勢逆転を狙えるパーク。ゲート解放後にキャンプされてる味方を無理救助で逃がせたりするので、誰か1人は持っててほしいパーク。

凍りつく背筋

凍りつく背筋
(Spine Chill)
[共通]

チェイスに自信のない人におすすめのパーク。大抵のキラーの心音範囲より効果範囲が広いので、隠密行動したいならかなりオススメなパーク。これを持つことでキラーに見つかる確率は確実に下がる。

予感

予感
(Premonition)
[共通]

凍りつく背筋と似たような効果のパーク。ただ凍りつく背筋の方が使い勝手はいいので、両方持つ必要はあまりないが一応。


(Bond)
[ドワイト]

一定範囲内の生存者が見えるようになる。周囲に負傷してる味方がいれば治療に行けるので連携力が高まる。味方の動きからキラーが付近にいるかどうかも大体分かる。特にソロでプレイする場合におすすめ。

共感

共感
(Empathy)
[クローデット・モレル]

味方がチェイスしてるかどうかが一目で分かるようになるありがたいパーク。戦況が把握しやすくなるので初心者にオススメ。

血族

血族
(Kindred)
[共通]

上級者で持ってる人はほとんどいないが、低ランク帯のうちは連携が取りにくいので、わりと有効的なパークだと思う。枠が余ったら持とう。

好機の窓

好機の窓
(Windows of Opportunity)
[ケイト・デンソン]

チェイスの練習にはうってつけのパーク。強いポジションを把握して、パレット・窓枠を上手く使えればそれだけでチェイスはある程度上手くなるので、これで実戦練習するのもあり。

植物学の知識

植物学の知識
(Botany Knowledge)
[クローデット・モレル]

治療速度を上げてくれるパーク。セルフケアとこれを持ってさらに救急キットを使えば爆速で治療できるようになる。

決死の一撃

決死の一撃
(Decisive Strike)
[ローリー・ストロード]

通称ストライク。上級者になると毎試合必ず一人は持ってる人がいる強パーク。チェイスに自身のある人が持つことで真価を発揮する。スキルチェックがわりとシビアなので、初心者にはおすすめしない。

デッド・ハード

デッド・ハード
(Dead Hard)
[デイビッド・キング]

使いどころがかなり難しいので上級者向けだが、使いこなせるようになればかなり強いパーク。初心者にはおすすめしない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA