【Dead by Daylight】強パークの考察 サバイバー編

前書いた記事 強いパークの考察 キラー編 のサバイバー編です。個人的な見解なので悪しからず。

とりあえずセルフケアとダッシュ系パーク1つ持っておけばなんとかなるよね。

【DbD】赤帯で人気のおすすめパーク トップ10を紹介!

2018年10月7日

【Dead by Daylight】強パークの考察 キラー編

2018年9月30日

共通パーク

きっとやり遂げる

フックから救助すると一定時間味方を治療する速度がかなり早くなる。救助時にキラーがある程度離れてれば、キラーが戻ってくる前には治療が完了するので、トンネル対策にもなる。必須とは言えないが確実にチームに貢献できる強パーク。

凍りつく背筋

発電機を修理してる時などにキラーが自分の方に向かってきてるのが分かる。初心者には非常におすすめなパークだが、ある程度上手くなったら外したいパーク。このパークに慣れてしまうと、後々外してプレイできなくなってしまう恐れがあるので、ある程度上達してきたら早めに外して他のパークに変えるのが良い。

身軽

足跡が残る時間が3秒短縮される。キラー視点だと板を当てられたり窓枠を超えたりした後に足跡が消えるのが早いので見失いやすくなる。発電機修理中にキラーの心音が聞こえて逃げる際にも便利。使ってる本人は効果が実感し辛いパークだが、キラーからしたら見失う機会が増えるので結構強いパークだと思う。

固有パーク

ドワイト・フェアフィールド

一定範囲内の生存者が見えるようになる。上級者でも使ってる人が多く、かなり強い。味方と一緒に修理したり、周囲に負傷してる味方がいれば治療に行けるので連携力が高まる。また、ある程度ゲームに慣れたら味方の動きからキラーが付近にいるかどうか大体分かるようになる。特にソロでプレイする場合に真価を発揮する。

リーダー

自分の8m以内にいる味方の様々な作業のスピードがアップするという味方をサポートできるパーク。上記の絆と併用することで無駄になりにくい。

メグ・トーマス

全力疾走

キラーに見つかってからでも板や窓などがある場所に逃げられたり、フックから救助された後に素早くその場から離れるのにも使えるなど、汎用性が高いパーク。ダッシュ系パークの中で使用率が1番高い。ただ、走るだけで効果が発動してしまうので、行動が制限されがちなパーク。うまく意識して使わないとただただ無駄になってしまう。

アドレナリン

チェイスに自信のあるサバイバーがセルフケアの代わりに持つことが多いパーク。上位に行けば行くほど使用率が高くなる傾向がある。発動条件がゲート通電後なので、初心者にはあまりおすすめしない。

クローデット・モレル

セルフケア

誰しもが認めるサバイバーの最強パーク。パッチ2.3.0で弱体されるらしいが、それでも強いことに変わりはない。いつでも自己回復できるのはやはりDbDにおいては外せないパークである。

共感

負傷してる味方の位置を距離無制限で確認できるようになる。負傷してる味方の動きでキラーに追われてるかどうかが大体分かるので、その間に安全に立ち回ることができる。もちろん負傷してる味方の回復にも行けるので初心者には非常におすすめできるパーク。

ジェイク・パーク

鋼の意思

負傷時にうめき声が出なくなる。チェイス中に撒ける確率が上がる優秀な隠密パーク。視界が悪い場所や障害物の多い場所で隠れてても意外とバレないので一度使ってみて欲しい。

ネア・カールソン

スマートな着地

スプリントバースト(全力疾走)の高所から降りた時に発動するバージョン。スプバの効果がクールタイム中でも着地時の怯み時間が短縮されるので、特定マップにある建物の強ポジで無限ループができるようになる。全力疾走と違って発動条件が限定的なので、任意のタイミングで発動できるのが強みだが、高所に逃げないと発動できないので意識して立ち回らないと発動しづらいのが弱み。ダッシュ系パークの中では初心者にはあまりおすすめできない部類に入る。

都会の逃走術

上級者の試合でも使用率が非常に高いパーク。常時発動するので無駄になることがない。キラーを撒く、救助に行く、隠れる、どんなシーンでも使える強パークである。使用率が高い強キラーのナースやハグ相手にも相性がいい。ただしウンコマン、テメーはダメだ。

ローリー・ストロード

決死の一撃

チェイスに自信があるサバイバーが使えば、キラーからするとかなり辛いパーク。担がれた直後に1度だけ出現するスキルチェックに成功すると担ぎ状態から脱出できる。強すぎてナーフが検討されている文句なしの強パーク。

エース・ヴィスコンティ

特にない。楽しそうなパークはあるけど:D

デッドバイデイライトのサバイバーで唯一余裕の笑みを浮かべてるサイコパスギャンブラー。

フェン・ミン

しなやか

スプバの窓枠を飛び越えた時に発動するバージョン。スマートな着地より発動しやすく、全力疾走のように行動が制限されないので使い勝手が良い。初心者におすすめなパーク。

デイビット・キング

デッドハード

上級者によく使われるダッシュ系パーク。負傷時に一度だけキラーの攻撃を無効化するダッシュができるようになる。使いどころも使うタイミングも難しいので上級者向け。使いこなせるようになると任意のタイミングで発動できるので使い勝手がいい。

クエンティン・スミス

有料キャラなのに本当に残念。ありませんでした。

タップ刑事

強いて言えば執念が少し使えるかも。決して強くはないけど。

ケイト・デンソン

私と踊ろう

パレットや窓枠を飛び越えた後やロッカーから飛び出た後の3秒間だけ足跡が残らなくなる。しなやか、都会の逃走術と併用することで、窓枠を飛び越えた後にキラーを撒ける確率が上がる。

ウィリアム・ビル・オーバーベック

与えられた猶予

通称ボロタイ。キャンプしがちなキラー相手に有効なパーク。特にゲート解放後に真価を発揮する。味方に一人は必ず持ってて欲しいパークランキングがあれば間違いなくNo.1になると思う。

アダム・フランシス

解放

吊られてる味方を安全に救助すると、一度だけ自力でフックから脱出することができるようになる。味方が救助にきて失敗するリスクが減るし、キラーの意表を突くことができるので十分強いと思う。