【DbD】ランク1を目指す人へ 上達するための13のヒント 【サバイバー編】

僕がデッドバイライトを始めたのは今年の7月中旬頃。それからほぼ毎日サバイバーだけプレイして8月の頭ぐらいにランク1になりました。始めたての頃は、今このブログを見てる皆さんのように攻略ブログを読み漁ったり、パークの構成に頭を悩ませたりと色々試行錯誤してました。

当初赤帯ランクは相当レベルが高いものだと思ってましたが、実際に赤帯に行ってみると想像してたほどではなく、上手い人もいれば下手な人もたくさんいるので混沌としている感じです。ランクが無駄に上がりやすいおかげでランクシステムがあまり機能してなく、プレイヤースキルの差が激しいのが現状です。個人的にはもう少しPIP(ランクポイント)の獲得ハードルを上げた方がいいと思う。

まぁこんなどうでもいい話は置いといて、今回は僕がサバイバーをやる時に重要だと思ってる13のことをアドバイスとしてリストアップしていきたいと思います。(厳密には13ではありませんが…)

ランク1を目指してる方のお役に立てれば幸いです。

【Dead by Daylight】強パークの考察 サバイバー編

2018年10月10日

【DbD】キラーの強さランキング 考察と対策

2018年8月14日

基本編

1. 画面は明るくしてプレイしよう

デッドバイデイライトは画面が非常に暗いゲームです。Steam版をプレイしてるならPC側で、PS4版をプレイしてるならディスプレイ側で画面の明るさを調整しましょう。

また、グラフィック設定は『低設定』がおすすめです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【DbD】グラフィック設定は『低設定』がおすすめ!

2018年8月7日

2. パークを揃えよう

パークはランクを効率よく上げるためには欠かせないものです。無闇に片っ端からパークを取るのではなく、効率的にサバイバーを育成して自分に合ったパークを取得するようにしてください。

特に『セルフケア』は必須パークなので必ず優先的に取るようにしましょう。

【DbD】初心者におすすめのサバイバー&パークの取得ルート

2018年10月10日

発電機編

3. 発電機のスキルチェックはグッドを狙おう

発電機のスキルチェックに慣れない内は必ずグッドを狙うべきです。無理してグレートを狙う必要は全くありません。

なぜなら、グレートを出しても時間にして2秒分しか短縮されませんが、スキルチェックに失敗して爆発させた場合には、約10秒分のロスが生じますし、キラーに通知がいくので居場所もバレてしまいます。

自分1人で修理してるならまだしも、仲間と一緒に修理してる場合は尚更です。効率よく発電機を修理したいなら安定志向でグッドを狙っていきましょう。

↓こちらのサイトでスキルチェックの練習ができます。色々と細かくシミュレーションができるのでおすすめです。

Dead by Daylight スキルチェックシミュレーター

4. 修理中も周囲への警戒は怠らずに

キラーは基本的に発電機を巡回する立ち回りをしてきます。今こうして安全に修理できてる発電機もいずれはキラーが巡回しにくるでしょう。

修理中はキラーが来るであろう方向を予測して、死角になるような位置で修理するのが望ましいです。また、キラーが来た時のことを想定して逃げるルートを予め考えておきましょう。

5. 破滅発動中は屈伸修理も一つの手段

発電機遅延パークの『破滅』が発動してる時はスキルチェックが格段と難しくなりますよね。

1回スキルチェックを失敗(グッド判定)すると6秒分の修理ゲージが後退し、さらにその後の2秒間は発電機の修理が強制的にストップするので、自分だけでなく同じ発電機を修理してる味方も修理ゲージが進行しなくなってしまいます。1人で修理して失敗するならまだしも、味方と修理してるのに何度も失敗してるようじゃ目も当てられませんよね。

このように、破滅はスキルチェックが苦手な人からしたらとても厄介なパークなので、一刻も早く呪いのトーテムを破壊したいところです。

呪いのトーテムが見つからなければ、『屈伸修理』で破滅を無効化するという対策方法があります。屈伸修理は ゲーム内BANの対象となる行為について にも記載されている通り、BAN対象になる行為ではないのでご安心を

詳しくは↓の記事を読んでください。

【DbD】破滅は強い?実際の効果と対策方法を紹介!

2018年8月7日

無理して何度も失敗するぐらいなら屈伸して安全に修理した方がチームにも貢献できるし、自分のためにもなります。時間にしても最速でやれば20秒ぐらいしか差はないので、屈伸修理は非常におすすめです。スキルチェックが苦手だけど屈伸はしたくない!って方は有志が作ってくれた スキルチェックシミュレーター でスキルチェックの精度を高めよう。

6. 発電機の位置を意識しながら修理しよう


発電機を修理する順番はよく考えましょう。発電機は全部で7つあって、最終的には残り3つある発電機の中から1つ修理することになるのですが、この時に残り3つの発電機の位置が固まってしまうとキラーは発電機の周回が容易になります。そうなると発電機が残り1つにも関わらず脱出が難しくなってしまうので、修理完了させる発電機の位置はなるべく偏らないようにしましょう。

また、マップ中央の発電機はなるべく早めに修理した方が良いということを忘れないようにしてください。

7. アイテムは積極的に使おう

工具箱や救急キットなどのアイテムは積極的に使っていきましょう。大事に取っておいたところでアイテムなんてどうせやってればいくらでも手に入るものです。

特に工具箱は発電機の修理を早めてくれるのでどんどん使いましょう。1番ボロい工具箱でも修理時間を10秒短縮できます。

また、アイテムは使い切ってしまうとせっかく脱出しても持ち帰れないので、消耗ゲージをギリギリのとこで止めておくと、脱出した時に次回また使えるようになります。

8. 蹴られて火花が散ってる発電機は放置しない

修理が進んでる発電機はキラーに蹴られると修理ゲージが少しずつ減っていきます。そのまま放置すると、せっかく修理を進めた労力が無駄になってしまいます。

蹴られた発電機は火花が散ってるので、見つけたら一瞬でいいので修理するようにしましょう。一瞬でも手につけると火花が出なくなって修理ゲージの減少がストップします

9. 発電機を見つけたらとりあえず少しだけ修理しておこう

マップによっては発電機の位置が非常に分かりづらい場所があります。発電機は少しでも修理を進めると、ガコガコと作動音が鳴り始めます。味方のサバイバーが発電機を発見しやすくなるので、自分が修理するつもりがなくても1秒ほど修理を進めて発電機を作動させておきましょう。

救助編

10. 救助は積極的に

味方がフックに吊られてる場合は積極的に救助しに行きましょう。生存してる味方が多い方が最終的に自分も脱出しやすくなるし、ランクを上げるために必要な評価ポイントも多く獲得できます。

慣れない内は救助のタイミングを見極めるのはとても難しいと思いますが、誰でも最初は下手なので積極的に行動して失敗して学んでいけば大丈夫です。

ただし、明らかにキラーが近くにいるのがわかってる状況での救助は無理救助と呼ばれ、非常に嫌われる行為です。間違えて救助してしまったなら仕方ありませんが、BPが欲しいがために意図的に無理救助をするのはやめましょう。

11. 味方の吊られた回数を数えておく&肉壁をしてあげよう

DbDのサバイバーは3回フックに吊られたら昇天してしまいます。味方の生存者の人数が減るたびに自分の脱出も難しくなっていくので、他のプレイヤーが何回吊られたかを数えておくことをおすすめします。

また、フックに吊られてる味方を救助したら自分だけ知らん顔でそそくさと逃げる人をよく見かけますが、これは非常に無責任な行為です。キラーは一刻も早くサバイバーの人数を減らしたいので、既に吊られたことがあるサバイバーを積極的に狙い続けようとします(これをトンネルという)。

まだ自分のライフに余裕があれば救助後に治療をしてあげたり、負傷している味方がキラーに追われそうならば、味方とキラーの間に割り込んで代わりに1発攻撃を受けてあげる『肉壁』をしてあげることも大切です。

デッドバイデイライトは協力ゲームであるということをお忘れなく。

チェイス編

12. チェイスは別記事を参照

チェイスに関する記事は 【DbD】ランク1によるサバイバーのチェイスのコツ10選 で書いたのでこちらを読んでください。

【DbD】ランク1によるサバイバーのチェイスのコツ10選

2018年8月7日

その他

13. キラーの特徴と対策を知ろう

キラーには様々な固有の能力があり、それぞれ対策方法も違います。キラーに合わせた立ち回りができることで生存率もグッと上がります

キラーの特徴と対策は キラーの強さランキング 考察と対策 で簡単に説明してます。

もっと詳しく知りたい方は下記のブログを参考にしてみてください。

【Dead by Daylight・DbD攻略】全殺人鬼(キラー)別の対策
引用元:びろぐ様

最後に

デッドバイデイライトのランクは上がりやすく下がりにくいので、時間をかけて焦らずにプレイしていけば必ずランク1になれます。

くれぐれもキラーを煽らないようにマナーを守って楽しくプレイしましょう。皆さんの健闘を祈ります。