【DbD】初心者におすすめのサバイバー&パークの取得ルート

デッドバイデイライトを始めたばかりの初心者向けに、サバイバーのパークを取る順番を書いておきます。

ちなみにこれからよく出てくる『ティーチャブル』について簡単に説明。

サバイバーには固有パークと呼ばれるパークがキャラクターごとに3つずつあり、キャラクターのレベルが30、35、40になった時にブラッドウェブにそれぞれ固有パークの『ティーチャブル版パーク』が出現します。この『ティーチャブルパーク』を取得すると、他のキャラクターでも取得したパークがブラッドウェブに出現するので他のキャラクターでも使えるようになります。つまり固有パークを共有化するということです。

【DbD】ランク1を目指す人へ 上達するための13のヒント 【サバイバー編】

2018年10月10日

DbDの海外パロディアニメが面白かったので紹介

2018年9月2日

最初は『クローデット・モレル』を育成。セルフケアは必ず最初に取ろう。

最初は必ず『クローデット・モレル』を40レベルまで育成して『セルフケア』のティーチャブルを取得しましょう。セルフケアは約8割以上の上級者も使用しています
詳しくはこちら→ 赤帯ランクのサバイバーがよく使うパークをランキング形式で紹介!

また、『クローデット・モレル』は30レベルで取得できる『共感』も初心者におすすめのパークです。

2人目は『ネア・カールソン』がおすすめ。

2人目の育成におすすめなのは、『ネア・カールソン』の『都会の逃走術』です。しゃがみ移動の速さが歩くスピードと同じになる『都会の逃走術』(35レベルで取得)は上級者でも使用率が高く、特に初心者におすすめです。

さらに『ネア・カールソン』は、ダッシュ系パークの『スマートな着地』(30レベルで取得)を固有パークとして所持しているので効率よくパークを取得できるのも良い所です。

スマートな着地が使いにくそうだと思ったら、下記で説明してる『全力疾走』か『しなやか』がおすすめです。

ダッシュ系パークとは? 4つのパークから1つ選ぼう。

ダッシュ系パークとは、ピンチな時に移動速度が上昇したり、攻撃を回避できるパークのことです。主にダッシュ系パークと呼ばれるものは『全力疾走』『しなやか』『スマートな着地』『デッドハード』の4つです。

じゃあたくさん入れとけばいくらでも逃げれんじゃね?」って思うかも知れませんが、残念ながらこのゲームはそこまでサバイバーに易しくありません。いずれのパークも共通のクールタイムがあるので、どれか1つだけ持つのが基本です。つまり複数持っても1つの効果が発動したら他のパークもクールタイムが終わるまでは使えなくなってしまうのです。

パークの性能だけで考えたら、『メグ・トーマス』の『全力疾走』か『フェン・ミン』の『しなやか』が扱いやすく、初心者にはおすすめです。

スマートな着地』は初心者には少し使いにくいかなぁって思います。

デッドハード』は最も扱いが難しく、上級者向けパークなので慣れるまでは我慢しましょう。

ネア・カールソンを育成して『都会の逃走術』と『スマートな着地』を取るか、それとも他のダッシュ系パークを先に取るか。ここはお好みで。

ちなみに僕が一から始めるなら『都会の逃走術』と『スマートな着地』を取得してダッシュ系パークは後で足していく感じでやります。

セルフケアとダッシュ系パークを取ったらあとは自由に。

セルフケアとダッシュ系パークは必須ですが、残りの2つのパーク枠は正直弱すぎるパークでなければ何でも良いです。

残りのパーク選びは下記の記事を参考にしてみてください。

【Dead by Daylight】強パークの考察 サバイバー編

2018年10月10日

【DbD】赤帯で人気のおすすめパーク トップ10を紹介!

2018年10月7日